Oracle、Sunを買収したはいいが、その後は・・・・ ~ゴスリング氏の退社、OOoの離脱、そして・・・~



さて、JavaやOpenOffice.org、MySQLなどの製品を持っていたSun Microsystems、を買収したのは記憶に新しいと思う
つい半年前の話だ

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1001/28/news075.html

当時、IBMがSunの買収を画策していたのだが、決裂。最終的にはOracleがSunを買収した

だが、今はどうなっているのか?

正直、ひどい状況というのが現状だろう。
以下、Oracleに関する大きい事件のみを挙げる

4月9日、Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏が退社
http://nighthacks.com/roller/jag/entry/time_to_move_on

なぜ退社したかは

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1009/27/news020.html

などにまとめられている。
現在、最も普及していると言われているJavaの生みの親がこのような理由で退社することになった時点で、Oracleの雲行きが怪しくなってくる。

だが、その後もOracleは暴走

8月12日、OracleがGoogleのAndroidに対して訴訟。Googleは「根拠のない訴え」
http://www.atmarkit.co.jp/news/201008/18/oracle.html

Javaの権利を手に入れたOracleはAndroidのDalvikVMに目をつけ、訴訟。当然、Googleは対抗。
巨大IT起業のOracleとGoogleの全面対決は避けられなさそうな状態になってしまった。

9月28日、つまり三日前、OpenOffice.orgコミュニティの一部が新組織「The Document Foundation」の設立を発表。Oracleから離脱
http://www.documentfoundation.org/

The Document FoundationはOracleに対してOpenOffice.orgのブランドを寄付するように要請。現状では応答がないので、「LibreOffice」として配布中である
http://www.rbbtoday.com/article/2010/09/29/70901.html

僕も、OOo(OpenOffice.org) JAの開発メンバーに入っていたがすぐに離脱、LibreOffice 日本語プロジェクトの立ち上げを協力しようと思う

正直、このへんでああ、もうだめだなあと思ったら、先程、さらなる追い打ちが来た

9月30日、ZFS開発者、ジェフ・ボンウィック氏、Oracleを去る
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/30/037/index.html

あちゃあ・・・・・・・・
まずいっすね。

どんどん元Sunの凄腕エンジニアが退社している。この状況で果たしてOracleに未来はあるのか?
そして、そうなったとき、Javaは?MySQLは?そして、今後のAndroid訴訟の行方は?

IT業界に不安要素をばらまき続けるOracle、さて、どうなるだろうか?

追記

これを見なおして、ブリリアントサービスの杉本さん( @yoshi_rr )の「技術者を搾取する会社は潰れる」という言葉を思い出す。
僕はこのままOracleが潰れる・・・まで行かなくても、これまでのような勢いはなくなるとおもう

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA