Forefront Identity Manager 2010のFIM Password and Authentication Extensionsの自動インストール



突然ですが、Forefront Identity Manager 2010のFIM Password and Authentication Extensionsの自動インストールの方法を紹介します。

このブログでのHow toの紹介は珍しい…?

FIM2010自体のインストールは下記のブログのカテゴリがとても参考になります。

FIM2010 ≪ Always on the clock

今回扱うのはFIM2010の機能の一つであるパスワードのセルフサービスリセット。一般的なAD環境の場合、パスワードを忘れたらシステム管理者が逐次対応する必要があるのですが、これによりユーザー自信で「秘密の質問」を使ったパスワードリセットが行えるようになります。

以下の説明はMSDN版のFIM2010をもとに作っているので、製品版では異なる可能性があるのでご注意ください。

この機能の展開時、クライアントにAdd-ins and extensions以下にあるAdd-ins and extensions_ja-JP.msiを展開することになりますが、msiインストール時にFIMサーバーを指定したりする必要があり、そのままではADのGPOを使った自動展開が利用できません。

TechNetには無人インストールの項目がありますが、msiexecのパラメータを追記する方法なので、GPOで出来なくは無いですが、スクリプトを使うことになるので、アンインストール機能が使えなかったりしますし、スマートでは無いです。

Unattended Installation of FIM 2010

とこで、ここにちらっと「Create an MST file」という項目があります。MSTというMSIの差分ファイルを作って無人インストールを行う方法が提案されています。これには、Orcaと呼ばれるMSI編集ツールが用いられるのですが、MSTファイルを作らなくても、そのままMSIファイルを編集しちゃえますので、今回はそちらで行きます。

OrcaはWindows SDKに付属しているOrca.msiからインストールする必要があります。VisualStudioをインストールしている人は大抵付属しているので

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Bin

(“v7.0A”は環境次第)

あたりを見に行くとOrca.msiがあるかと思います。

Orcaを起動したらOpenから該当するMSIファイルを開きます。この際、上書きしますのでコピーを利用して下さい。

TablesからPropertyを選んで、右側にAdd Rowから以下の情報を追加します。

  • ADDLOCAL
    • インストールするコンポーネント。今回は”PasswordClient”を指定。
  • RMS_LOCATION
    • FIMサーバーのアドレスorホストを入力
  • SITELOCK_DOMAIN
    • パスワードリセットの設定を行うためのActiveXをコントロールを開始するサイトの一覧をセミコロンで区切って入力します。

これらの情報を入力したら、上書き保存します。このMSIをGPOで展開すれば自動的にコンピューターにインストールされます。なお、このMSIをインストール後には再起動が必要なのでご注意ください。

追記 2012/01/28

注意事項として、自動インストールの祭、本来Add-ins and extensions_ja-JP.msiがあるサブディレクトリをmsiexecが読みに行くので、MSIファイルだけでなく、そちらも適切な場所に展開する必要があります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA