Microsoft Arc Touch Mouseを入手!



これが何かはわかりますか?

そう、先月末にMicrosoftが発売したArc Touch Mouse!

http://www.microsoft.com/japan/hardware/mouse/arctouch_special/

Microsoftのマウスの中で俗にいう「魅せマウス」ラインナップの製品

こいつの特徴はなんといっても、しなる本体

左がスイッチオンの状態、右がオフの状態

そう、マウスを曲げることでスイッチが入るという物

以前から幾度と無くTwitterで僕がほしがっていた物です

なんたって、

「奇抜」「突飛」「流麗」

の三拍子がそれっていますから(笑)

意味不明っすねw

とりあえず、レポート
相変わらずIntelliPointの性能はすごい

このツールの設定を如何に自分向けにカスタムするかで、マイクロソフトマウスの使い心地が変わってくると思う

そして、Arc Touch Mouseのスイッチ

入れるときは、まさに曲げる様な感触でスイッチをいれることができる

しかし、切るときは「ポキっ」といった感じになってしまう

いかにも、寿命が短いといった感じだ

動画も載せておく

とまあ、魅せることに特化したようなマウスだが、さりげなく中ボタンのタッチ部分が使いやすい。横スクロールができないのが難点だが

で、ちょっとマイナス点だが、クリックが微妙に固いのがなれないというのが印象

特に、手前側に山があって、ただえさえ先端にうまく力が乗らない状態でこれは少しきつい

それと、戻るボタンがない

前世代のArc MouseやMS Mouseの他のラインナップの多くには戻るボタンがあっただけに、辛いものがある

まあ、中ボタンの設定を戻るにしてしまえば、余裕なのだがねw

で、次に本体ではなく、レシーバーに目を向けてみよう

レシーバーを本体に格納する方法はこれだ

格納じゃなくて貼り付けるw

磁石が入っていて、それにレシーバーをくっつける感じ

外れそうで、意外とかばんの中でも外れない

良く考えられてる。持ち運びはかなり便利

魅せマウスだけでなく、ポータブルマウスとしても優秀だ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA