MicrosoftとApple、そろって突如イベントを発表!!!!!



さてさて、朝起きて二時間ほど宿題の復習をして、さてパソコンをつけて我が情報収集ツール(これはひ・み・つ)で一気に情報を読みあさっていくと(だいたい280ぐらいだったかな?)気になるニュースがセットで。
それはMicrosoftが4月12日に謎のイベント「IT’S TIME TO SHARE.」を開催するのと、Appleが4月8日に次期iPhoneOSのiPhoneOS4の発表イベントを行うとのこと。
さてさて、まずはMicrosoftの方から。普通に読むと「共有する時間」みたいな感じですが、Microsoftの事だ、「ITは共有する時間だ」かな?もちろんIT=Information Technologyです。 「これからITは(情報)共有へと進んでいく。そして我々Microsoftはその時代を切り開く新たな提案を仕様ではないか!!」という風に受け取ったのは僕だけでしょうか?といっているとなんか情報入ってきちゃいましたね・・・Googleニュースからwwwかなりど派手にやってるな~~と思ってみてみると今度はMicrosoft独自の携帯電話を出すらしいですね・・・っておい!!!!これはこれは大変なことに・・・・携帯電話業界という一つの業界でいきなり新参のはずのIT企業がいきなり三つどもえの戦いを始めるだってwwwいやいや、元からいたもんにとってはたまったもんじゃないだろwwwまあMicrosoftはこれまでもOS提供を行ってきましたがついに三者とも自社携帯電話を発表!!!だんだん読めなくなってきましたね~~~。
でも、本当にこれだけなのだろうか・・・・。「IT’S TIME TO SHARE.」この言葉が頭を離れない。本当に新しい携帯電話を発表するだけなのか?こう考えてるうちにTech Fielderでのエバンジェリストの言葉を思い出す。アレは認証システムの話をしているときだ。「Active Directory、Card Space、Windows Live、AD FS、FIMは徐々に距離が近づきつつある。企業向けのAD、AD FS、FIMと個人向けのWindows Live、Card Spaceが段々近づいている。」これはもしかすると内部事情を知っているエバンジェリストがこれから開発、いや、もう社内では動いているのかもしれない。何かをだす。もしかすると、企業、個人をひっくるめて統合した認証基盤を発表し、今回発表する携帯電話も含めあらゆる情報機器で情報の「共有」を行える製品、もしくはサービスの発表も行われるかもしれない。
それはもしかするとWindows Live、OpenIDのようなWebベースの物かもしれないしCard Spaceのような信頼による認証システムを発展させ携帯電話でも手軽に使えるようにしたのかもしれない。今の僕では予想が付かないが、4月12日を楽しみにしている。

さてさて、もう一方のAppleのイベント。iPhoneOS4・・・なんですがすいませんwww予想不可wwwっていうか現状ではiPhoneOS4はマルチタスクをサポートする可能性が噂されています。
確かにAndroidがマルチタスク対応なのにiPhoneが対応しないわけには行きませんからね。
でも、電池は大丈夫なのだろうか?という疑問は残ります。iPhoneはグラフィック強いぶん、電池を食いやすく、シングルタスクの現状でも結構電池を食うのにマルチタスクにして大丈夫なのだろうか?もしかするとAppleはその解決策も提示してくれるかもしれない。
私があんまりAppleとのつきあいが無いせいであんまり情報が入っておりませんwwwすいません!!

さて、でも一つだけいえること。 
これからIT業界は荒れます!!!
でも、これは私にとってうれしいこと。荒れれば荒れるほど進化する、それが

IT

情報技術なのだ!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA