クライアントマシンの構成



ここではHyper-Vサーバーを遠隔操作するためのクライアントマシンのセットアップを行います。
1.Hyper-Vを遠隔操作するにはVista or 7にHyper-Vマネージャーを入れる必要があります。
2.OSごと下記よりダウンロード
Vista(x86)の場合 Windows Vista 用の更新プログラム (KB952627)
Vista(x64)の場合 Windows Vista for x64-based Systems 用の更新プログラム (KB952627)
7(x86&x64;)の場合 Windows 7 用のリモート サーバー管理ツール
ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール。
3.Windows7の場合はコントロールパネル、プログラム、Windowsの機能の有効化または無効化でリモートサーバー管理ツールの役割管理ツールのHyper-Vツールにチェックを入れる必要がある。
4.そうすると管理ツールにHype-Vマネージャーが追加される。
5.しかし、起動して先ほどのサーバーに接続しようとするとわかるがこのままではアクセス制御がかかって操作できないのでそれを解除します
6.クライアントマシンのコンポーネントサービスを開くのでファイル名を指定して実行で「dcomcnfg」を実行するか、管理ツールからコンポーネントサービスを選択します。
7.UACをオンにしていると実行するかどうか聞かれるのでVistaの場合は続行、7の場合ははいをクリック
8.コンポーネントサービスからマイコンピュータを探して右クリックしてプロパティを選択
※この際にマイコンピュータに下向きの矢印がついて右クリックしてもプロパティがリストに無い際の対処法を最後にのせます
9.COMセキュリティタブを開き制限の編集ボタンを押します
10.グループ名またはユーザー名にあるANONYMOUS LOGINを選択し下の段のリモートアクセスの許可にチェックを入れてOKを押してください
11.一応これで設定は完了なので接続テストを行います。
12.管理ツールからHyper-Vマネージャーを起動してユーザーアカウント制御で続行
13.右側のサーバーに接続をクリックし、サーバーのIPを入力し接続
14.接続され、仮想マシンを管理できる状態になったら成功です。

マイコンピュータに下向きの矢印がついて右クリックしてもプロパティがリストに無い際の対処法
DTC が無効なリモート ホスト名に対して構成された後、DTC リモート コーディネータが失敗する
を参考

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA